ふわふわタオル

バスタオルは買ったばかりはふわふわしていても、使い続けるとその柔らかさが失われていきますよね。
このふわふわした感触を保つ方法を紹介します。

【柔軟剤】
柔軟剤を使うと柔らかくなるなどのメリットがたくさんありますが、使用しすぎると吸水性が失われます。たまに使うくらいが丁度良いでしょう。

【乾かし方】
バスタオルのふわふわ感を保つには、洗う方法より、干し方が重要です。
洗濯したばかりのバスタオルは、表面のパイルが絡まっていたり、あちこち向いて倒れていたりします。このまま乾かすと、ゴワゴワした硬い質感になってしまいます。
パイルを理想の状態に立てるには、バスタオルをパタパタと、振るだけです。
雑に振るとパイルが出てきたり、素材を傷める原因になるので、タオルの長い辺を両手でもって、周りに注意しながら振りましょう。
大体20回ちょっとで全体的にパイルが立ち、乾かすとふわふわした状態になります。

【タイミング】
洗うタイミングとしては、使用後放置しすぎないことです。
濡れて汚れた状態で長時間おくと、バクテリアが増殖するだけでなく、素材によっては傷めてしまう場合もあります。
干すのも、洗ってすぐにしましょう。洗ってから洗濯機に長時間放置するのは、清潔なものに雑菌が増殖した状態で乾かすことになり、嫌な匂いがついて不衛生です。

【乾燥機?】
バスタオルは、乾燥機で乾かすとふわふわした状態になると言いますが、素材を傷める原因にもなります。






What's New

2013/02/13
耳より記事3を更新。
2012/11/14
耳より記事2を更新。
2012/04/05
耳より記事を更新。
2011/10/05
オーガニック綿を更新。
2011/10/05
タオルの歴史を更新。
2011/10/05
耳より記事を更新。
2011/10/05
タオル取説を更新。
2011/10/05
タオルの素材感を更新。
2011/10/05
バスタオルはやっぱりふわふわ!を更新。
2011/10/05
ホームページリニューアル
耳より記事 | バスタオルはやっぱりふわふわ! 2011年12月05日